2020年5月4日月曜日

痔の手術体験談① プロローグ

こんにちは、そらやともきです。



2020 年1月22日に内痔とスキンタグの切除をしました

現在、術後3ヶ月が経過しており痛みは退きましたが、まだ違和感が残っている状況です。


 
ここに来るまでの私の痔歴を少々お話します。


 

まず、ブログに残そうと思った理由は

痔を繰り返す自分への戒めと、痔で悩まれてる方々への参考になればと思いここに記したいと思います。


 

痔の手術は、4回しました

まずは、1回目の手術の時の話です。
1回目は、今から15年前の31才の時です。幼少時~成人になるまで、極度の便秘を繰り返し日常的に切れ痔を繰り返した結果、痔が治らなくなり近場の総合病院へ。


 
そして同病院で2回目の手術の時、この時の手術の予後が悪く肛門狭窄を起こしてしまい、さらに12年くらい患い続けます…


 
とうとう切れ痔が治らなくなり、近所で評判の良い開業医の肛門科へ駆け込みます
無事に手術も成功して2、3か月位で全快しました。


 
さらに、3年後です。その日は、突然やってきました。


 
今回、手術をせざるえなくなった事には理由があります…


 
今日のお話はここまでです。


 
また次の機会に、順番を追って詳しくお話をさせて頂きますね。



関連記事

痔の手術体験談② 一回目の手術・血栓性外痔核のお話し

私にとってのギターとカメラのお話し 

そらやともきです。 最近、ギターを演奏中に感じる事、カメラを撮影する時に感じる事を私の視点ですがお話しをしたいと思います。 何故、ギターとカメラが結び付く?って思われる方が大半だと思いますが、これが不思議に最近ですが、私の中ではギターとカメラが結び付くのです! ギターの演奏中に思...