2020年8月8日土曜日

Canon EOS Kiss X10を持って一の坂川(山口市)を散歩してきました

こんにちは、そらやともきです。


今日は、一の坂川へ散歩に行きました。この川は、山口市を流れる椹野川水系の二級河川であります。


室町時代に、この地を治めていた大内氏が京の街並みを模して作った山口市でありますが、その中、この一の坂川は京の鴨川に似せて作ったそうです。


5月~6月初旬には、蛍鑑賞が楽しめます。



川沿いには、桜並木が植えられていて、シーズン中にはライトアップされます。

こんな、マンホールを発見。蛍と桜ですね。御当地マンホールはいろいろあり楽しめます。

川と言うか、私には小川のせせらぎに見える。







PM2.5の猛威が凄くて川向うに見えてる筈の山がスモッグで見えないね。

沢山、撮ったのですが気に入るのがなくて・・・写真の腕を上げたいものです。やっぱ上手くなるには、足で稼いで沢山撮って経験を積まないとね。

それにしても、時期外れに来てしまった・・・桜も蛍も今の時期じゃないしね。今度は、春に桜が満開の頃に来ようと思います。



ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



2020年8月7日金曜日

痔の手術体験談⑦ 四回目の手術へ後編・再びスキンタグ(皮垂)切除のお話し+内痔結紮術のお話し

こんにちは、そらやともきです。



肛門科⇒肛門科(セカンドオピニオン)⇒皮膚科⇒最初の肛門科と約二ヶ月の病院行脚を経て最初の肛門科へと戻ってきました。



戻って来た時点で、手術の決心はしていたのでその旨を病院へ申出て手術の運びとなりました。



※病院選びは大事です。とにかく評判の良い病院を探す事です。近いからこの病院でいいや!とかは絶対に辞めた方が良いです。少々、遠くても評判の良い病院を選ぶ事をお勧めします。



手術内容は、炎症をしているスキンタグ(皮垂)の切除です。手術日は2020年1月後半です。当日は、昼一で病院へ来て入院の手続きをして病室へ。





入院は1泊の予定です。この病院は評判は良いのですが、手術の翌日は退院が基本らしいです。痔瘻の手術をした同僚も翌日には退院していました。



身支度を終えると、診察室へ呼ばれて浣腸をします。これ、結構キツイです。出し切って、手術を待ちます。



今日の予定は2人らしです。浣腸から1時間位で呼ばれました。手術室まで歩いて行き自分で手術台に横たわります。看護師さんに体調の最終チェックをしてもらい先生が入場!腰椎麻酔をしてもらいます。腰椎麻酔はもう何度もしているので慣れていますが、今回も痛くはない!ただ、ズーンとする感じはあったかな?



直ぐに、麻酔が効いて手術を開始10分かからなかったかな?すぐに終わりました。当然、手術中の痛みは全くありません。終わった後に…

先生から
「あなたが、痛いと言っていた理由がやっと解りましたよ!スキンタグに慢性化した傷がありましたよ!これでしょうね。広げて見ないと解らなかったですね。それと、内痔もあったので内痔結紮術をしましたよ。

やっと、はっきりした原因が解り安堵をしました。
( ̄▽ ̄)



そして、病室へ。麻酔は、6時間位かな?で切れます。さーてここから地獄が始まります。あーこの痛みは久々!何度も痔の手術は経験をしているので、ある程度の痛みは冷静に受け止めます。
(≧▽≦)



看護師さんから痛み止めを頂き凌ぎます。



そして、翌日です。下痢です。お~傷口に辛すぎる!どうも下剤が残っていたようで術後2週間位は下痢?軟便?が続き苦労をしました。



病院で朝食を取ります。昨日から絶食をしていたので美味しく頂きました。昼前には退院をしました。車を運転して約50キロの道のりを一人で運転して帰宅をしました。正直、かなり運転がきつかったです。こういった場合は、付添人を頼む事を推奨します。




手術のその後

たぶん、この記事を読まれている方が一番気になる事!術後の痛みはいつまで!ではないでしょうか。



術後の痛みの程度は、同じ内容の手術でも切口の幅や深さで違います。一番左右されるのは個人差ではないでしょうか?



これは、あくまで私の場合ですので参考程度に聞いて下さいね。痛み止めを飲まないと、やってられなかったのは2週間程度です。その後の我慢が出来る痛みは1カ月程度は続きました。



そこからは痛みは和らいできますが、くすぶる感じの痛みと違和感の戦いです。結局は痛みが取れるのに2~3カ月程度はかかりました。そこからは浮腫んだような違和感が長く続きます。2020年8月6日の時点で半年と2週間程度が経過をしています。まだ浮腫んだような違和感が相変わらず続いています。でも、その違和感も日に日に小さくなってきているのは実感をしています。



肛門の中だけだったら、2~3カ月もすれば気にならない程度になっていたと思いますが、肛門の周囲についてたスキンタグを切った訳ですし・・・まあ、力が入りやすく締まる所です。ある程度、長期戦は覚悟をしています。



気になったので、皮膚術後で検索をしてみると、手術をした皮膚の再生には半年~1年程度はかかるとの事です。まぁ、もう痛みはないです。浮腫んだ違和感も日に日に良くなってきているのは実感をしています。



もうしばらく辛抱します。また、その後の様子も報告をしますのでお待ちくださいね。
(^◇^)



関連過去記事




ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)

ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年8月2日日曜日

Canon EOS Kiss X10 ハイキ―・ローキ―に挑戦

こんにちは、そらやともきです。



梅雨も明けたので、久々にカメラを持ち出しました。



以前から興味があった撮影方法に挑戦をしました。



あちこちのブログを見て見様見真似ですので、これが正しいのか自分でも半信半疑の部分もありまして・・・まぁ、素人写真と思って大目に見てやって下さい。
( ̄▽ ̄)



レンズは、キットレンズ(標準) cannon EFS18-55mm 



ハイキ―(露出オーバー)


シャッタースピード1/30 F値7.1 露出+2¹/₃ ISO400



ローキ―(露出アンダー)


シャッタースピード1/100 F値5.0 露出-²/₃ ISO100



ハイキ―については、こんな感じかな?と思いつつローキ―はいまひとつ・・・他のブログで見たローキ―は格好よかった!



レンズの差もあるのかな?いや、腕の差か!よし練習あるのみ!



ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村



2020年7月31日金曜日

MARS2020火星ローバー「パーサヴィアランス」打ち上げ成功おめでとう!

おはようございます。そらやともきです。



昨夜は、火星ローバー「パーサヴィアランス」の打ち上げでした。



昨年の5月に「SEND YOUR NAME TO MARS」と言うキャンペーンがあって私を含む家族の名前を登録して、火星ローバーに名前を乗せる為のチケットをゲットしておりました。火星に自分の名前を送ろうというキャンペーンですね!
(#^.^#)



どのように名前を乗せるかといいますと、MARS2020火星ローバー「パーサヴィアランス」へ搭載されるマイクロチップに名前が刻印されるというものです。



自分の名前が火星に行くと思うだけでワクワクします!
(*^▽^*)



NASA TVで打ち上げの様子をLiveで観ました。



そして、7月30日20時50分に打ち上げを迎えます。




家族で、打ち上げを見れるタイミングを迎える事が出来ました。




そして、3・2・1・リフトオフ!!!




大気圏を過ぎて、ロケットを分離して行きます!





22時前には、分離を終えて打ち上げ成功となりました!!!探査機からも無事に信号の受信を始めたようで安心しました。
(≧▽≦)



いざ!赤い惑星!火星へ!



火星への到着は、2021年2月18日との事です。



楽しみです!
(*'▽')



ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



2020年7月29日水曜日

ポメラニアン 散歩で気が付く事

こんにちは、そらやともきです。



梅雨の散歩は、雨雲レーダーとのご相談の日々が続いています。
( ̄▽ ̄)



梅雨空なので、散歩前にスマホで天気を確認をします。



お天気アプリも日進月歩の様子で、ここ近年の使い勝手を見ても雨雲レーダーの精度は格段に上がっているなと実感をしています。



雨朝の忙しい時間の散歩は、雨雲レーダーを見て「おっ、この10分間は雨足が弱まるぞ!散歩に行くなら今でしょ!」なんて様子を伺うのに約立てています(#^.^#)



今日も、急かされながら散歩です(#^.^#)




散歩をしていて、周囲をじっくり見ると日頃は気にもかけない光景に少し癒されたりします。今シーズンの初蛙とのご対面
(^-^)




柿の木を見ると、おーっ実がなってる。
(*'▽')




紫陽花も綺麗に咲いてるね!
(*^▽^*)




名前は知らない草だけど、コンクリートとアスファルトの間からこんにちは!やっぱ雑草は生命力が強いね!こう強くありたいものだ!




散歩をしながら周囲を見渡すと、日頃は気が付かず通り過ぎている事が新鮮に映る時ってありませんか?新鮮な気持ちになれる時間も大切ですね!
(^^♪



ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村



2020年7月27日月曜日

カメラ機材が欲しくてたまらない

こんにちは、そらやともきです。



この4連休で何をしたかと申しますと、何もしませんでした。
( ̄▽ ̄)



外出したと言えば、子供の部活と塾の送迎くらいです。世間は GO to トラベルのようでしたが、我が家では計画を立てませんでした。



職場、ご近所さん等に「○○に旅行に行って来ました。これ、お土産です。どうぞ(#^.^#)」なんて出来る雰囲気では無いので・・・



でも、いつか何も気にせず純粋に楽しく旅行に出掛ける日が来るのを心待ちにしております。



前置きが長くなりましたが、今日はレンズが欲しくて堪らない!と言う事が言いたかったのです。



この4連休は、何もしなかったし・・・そう天気も悪くカメラを持ち出す気分にもなりませんでした!



だから、何をした?ひたすらネットを見てレンズを探していました。レンズの勉強も沢山のブロガーさんのブログを見て勉強もしました。



以前、星景写真を撮る為に、赤道儀が欲しいと言っておりましたがネットサーフィンをしているうちにオールドレンズと言う項目に気持ちがヒットしてしまい4連休の最終日は、オールドレンズに関してばかり調べていました。



オールドレンズとは、フィルム時代のレンズの事です。ビンテージ以外でしたら比較的に安価で手に入るのも特徴です。このレンズ、フレアとかゴーストとか出るのですが以外と良い味が出るようでファンも多いようです。


で、いろいろと見てたら私も欲しくなってきました。
(*^▽^*)



なので、ただいま赤道儀を買うかオールドレンズを買うか非常に迷っております。



貧乏なので、本当に悩みます。
(≧▽≦)



そんな、欲しい物を買ってる妄想をし続けた4日間でした・・・



以前にCanon EOS Kiss X10で撮った写真






ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村



2020年7月26日日曜日

フォトマスター検定合格2020年度版 2回目レビュー

こんにちは、そらやともきです。



7月12日に、フォトマスター検定合格本を紹介いたしましたが、その後のレビューです。



今日は、教科書部分のレビューのみです。



以前のレビューと説明が被りますが、この本は前半の半分は教科書になっており、後半の半分は過去問になっております。



今回、前半の教科書部分を読み終えて見ました。カメラ全般の事が記されているのですが、大まかに分けると
  • 銀塩カメラ
  • フィルム
  • デジタル
  • レンズ
  • 機材/アクセサリー
  • 光/撮影技法
  • プリント/仕上げ
  • 文化/モラル/追補
と言う感じに区分を分けて記載されています。

銀塩カメラ

銀塩カメラ、この章ではカメラの種類・構造・各部の名称や用語の説明が書かれれおります。日頃、よく耳にするカメラ用語が載ってたりして読んでいると、今までそれとなくしか解っていなかった事が、あーそういう意味なんだと解るのが素人からすると多々ありました。



フィルム

フィルム、この章では文字通りフィルムに関する事が記載されています。読みましたが7割はチンプンカンプンといいますか?覚えきれませんでした・・・現在はデジカメが主流なんでフィルムを自ら装填するとかいう機会はありませんよね。25年~30年くらい前はフィルムが主流だったのでしょうが・・・でも検定を受けるには知っておかなければならないので読み直して少しでも理解を深めたいですね!



デジタル

デジタルカメラ、現在、皆様の多くが慣れ親しんでおられるカメラかと思います。この章では、デジタルカメラに関する種類・用語の解説から、使用方法など記載されています。慣れ親しんでいるカメラだけあって読んでいて楽しかったです。



レンズ

この章を読んでいると、改めてレンズの種類の多さに驚きます。もちろんレンズの種類・用途に関して解説をされています。読み終えると、あーこれもあれも使ってみたいなーと勉強になりました。でも、レンズはお高い( ̄▽ ̄)



機材/アクセサリー

この章を読んで、カメラに関わる機材/アクセサリーってこんなにあるんだ・・・て事が解りました。プロ仕様のアクセサリーとかありますが、何かの撮影現場で、あーこんなの使ってるの映像で見た事あるなーというのもあり、本で読むと、こういう名称で使用方法・使用する意味効果等を読み!なるほどね!と勉強になりました。



光/撮影技法

まぁ、正直ですね素人の私には難しい項目でした。改めて、カメラってシャッターを押して撮れれば誰が撮っても同じと言う訳ではなく、ちゃんと技法が存在していて、それらを駆使すると明らかに、仕上がりに差が出るという事が解ります。でもそれらをマスターするには、一夜にしては無理でしょう。やはり経験が必要です。カメラをいじりながら、読み直す章だなと思いました。



プリント/仕上げ

プリントのちょっとした技法や素材の使い分けで、自分好みの仕上がりやインパクトを持った仕上がりが出来るんだ!保存方法にも触れていて勉強になりました。



文化/モラル/追補

カメラの歴史や文化・そして大事なモラルですね!出先で撮影をする時等はモラルも持参をしておかねばなりませんね!



と、まぁ一度、軽く読んでみた感想でした。
検定に向けて2~3度位は読み直そうと思います。
数度、読み直してから受ける級を決めたいと思います!






ポチッと応援クリックして頂けたら嬉しいです(#^.^#)




Canon EOS Kiss X10を持って一の坂川(山口市)を散歩してきました

こんにちは、そらやともきです。 今日は、一の坂川へ散歩に行きました。この川は、山口市を流れる椹野川水系の二級河川であります。 室町時代に、この地を治めていた大内氏が京の街並みを模して作った山口市でありますが、その中、この一の坂川は京の鴨川に似せて作ったそうです。 5月~6月初旬に...