2020年6月24日水曜日

空を見上げて 夕焼けがオレンジ・赤に見える理由

こんにちは、そらやともきです。



いつも、散歩で通るコースです。この踏切は少し小高い所にあって、ここから見上げる空が好きなんです。特に夕方になり山の西方向は夕焼けが綺麗に映えます。




ちょっとアングルを変えて
踏み切りが入っているアングルが好きなんですよね( ̄▽ ̄)




所で、先程からの夕焼けと下の写真の夕焼けですが、なぜ赤く染まっている部分と染まっていない部分があるのか、お解りですか?




答えは、雲の高さが違うからです。



夕方に見える違う高さにある雲の見分け方

夕暮れ時になると雲の高さの判別がしやすくなります。下層の雲の方が太陽光が当たっていない状態ですので、下層の雲が暗く見えて上層の雲が明るく見えます。 



夕焼けが赤に見える理由

そして、夕焼けが赤く見える現象には、理由があります。



学生時代に、光の勉強があったと思いますが、太陽から来る光には7色あり、一つ一つの光には波長があり長い順番にに紫・紺・青・緑・黄・オレンジ・赤と7色からなっています。この光が全て重なりほぼ白色になるとの事です。



一番、長いのは赤色ですね。



これが夕方になると、太陽は沈んでいきます。光は、大気の中を通って来ます。太陽の高度が低くなると、斜めから光が差すようになります。斜めからですと、昼間の真上からさす光の長さと違い、真上より斜めの方が大気を通る距離が長くなります。そうすると、波長の短い光は、大気でチリや層の中で散乱し順番に失われて行き、私達の眼に届いた時点で長い光のオレンジ・赤色しか残っていない状態で届くわけです。その光に照らされた雲が、オレンジや赤色に見えるんですね。これが、夕焼けです。



今日も、空を見て癒されます(#^.^#)



いつも、バナーをクリックして応援をして下さる皆様、心より有り難うございます。
(^o^)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




空やすみ - にほんブログ村

私にとってのギターとカメラのお話し 

そらやともきです。 最近、ギターを演奏中に感じる事、カメラを撮影する時に感じる事を私の視点ですがお話しをしたいと思います。 何故、ギターとカメラが結び付く?って思われる方が大半だと思いますが、これが不思議に最近ですが、私の中ではギターとカメラが結び付くのです! ギターの演奏中に思...