2020年5月28日木曜日

Canon EOS Kiss X10 でガーベラ撮影

こんにちは、そらやともきです。



撮り比べ

庭先のガーベラが真っ赤に良く咲いたので、AV(アバチャーバリュー)、M(マニュアル)で撮り比べてみました。



1枚目AV(アバチャーバリュー)

絞り優先モードですね。ISO、シャッタースピード、F値は自動で設定してくれます。

設定は
感度ISO:100

シャッタースピード:1/500

F値:5.6

対象:ガーベラ

撮影日:2020年5月17日

天候:晴れ




2枚目M(マニュアル)

名前の通り、ISO、シャッタースピード、F値を自分で設定します。

設定は
感度ISO:100

シャッタースピード:1/250

F値:5.0

対象:ガーベラ

撮影日:2020年5月17日

天候:晴れ




まとめ

1枚目と2枚目を比べて見て、個人的にはAVよりMで撮影をした方の写真が私は好きだなと最初は思っていました。



1枚目の写真は2枚目の写真より暗く見えています。しかし、1枚目をよく見ると花の輪郭をしっかり浮き立たせて、背景のボケがしっかり映えています。1枚目の方が花と背景の区別がしっかり出来ているのかなと思います。



2枚目は、全体的に明る過ぎて花と背景との境界線のメリハリが失われているような気がします。



よって、1枚目のAV(アバチャーバリュー)の方が見応えがあり良く撮れていると、私は思います。



写真は、私の素人目線で見て『明るい画の方がいいでしょ!』と思っていましたが、こうして撮り比べてみると明暗次第で、写真全体のメリハリや浮き沈みの表現が変わってくる事に気が付きました。



写真は、奥が深いな~と思った撮り比べでした。



色々と撮りだすと面白く発見も多いです。



まだまだ、初心者でありM(マニュアル)を使いこなせていません。日々、勉強していきます。いつかは、M(マニュアル)をしっかり使いこなせる日が来ることを夢見て!精進しよう。




オシャレな、ガーベラを見つけました。




関連記事

Canon EOS Kiss X10 初めて手にした一眼レフカメラ


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


花・ガーデニングランキング


写真ランキング

私にとってのギターとカメラのお話し 

そらやともきです。 最近、ギターを演奏中に感じる事、カメラを撮影する時に感じる事を私の視点ですがお話しをしたいと思います。 何故、ギターとカメラが結び付く?って思われる方が大半だと思いますが、これが不思議に最近ですが、私の中ではギターとカメラが結び付くのです! ギターの演奏中に思...