2018年9月9日日曜日

防獣対策 鉄壁編

どうも、そらやともきです。

昨日の防獣対策の下見の話を父にして、「電気柵でやろう」と父に言うと「金をかける必要は無い!ある物でやれ」と言われた。確かに妙に説得力があり結局は押され、やっぱり父のお勧めのトタンで防獣対策をする事になりました。

よく見渡せば、イノシシが侵入したであろう形跡が所々にあるな・・・

まず、トタンとトタンを固定する支柱を掻き集めました。畑の周囲を覆うだけでも結構なトタンが要ります。隣の畑も併せて囲う事になったので二人で作業をして1時間半で仕上げました。一番しんどかったのは、トタンを固定する支柱をハンマーで地面に打ち付ける作業でしたね。何十本打ち込んだだろうか?流石に手が痺れた。


で、こちらが作業前




こちらが作業後




鉄柱だけでは足りなくなり、さらに竹の杭も使う。ある物で賄う!



最後の辺になるとトタンが足りなくなった・・・これは予想外・・・どうする?父が鉄柵を持って来た。えっ、イノシシから畑が見えなくする為のトタンでは・・・「これ位いいだろう」と父が言う。これも、ある物を使う勿体ない精神だな!その精神の方が優先するんだと自分に言い聞かせ残りは鉄柵で完成をさせる。

これが、その中途半端?なトタンから鉄柵にバトンタッチした光景



よし!!これで鉄壁な筈・・・かかって来いイノシシめ!

今日、思った事は「金をかける必要は無い!ある物でやれ」と父の言葉に納得し、何でもかんでも直ぐに買い足すのではなく、古い物でも使える物は使う!勿体ない精神も農業には必要だなと思う。今後は、居る物をホームセンターにリサーチに行く前に、まず自宅にどのような資材があるかを確認してから行こう!

私にとってのギターとカメラのお話し 

そらやともきです。 最近、ギターを演奏中に感じる事、カメラを撮影する時に感じる事を私の視点ですがお話しをしたいと思います。 何故、ギターとカメラが結び付く?って思われる方が大半だと思いますが、これが不思議に最近ですが、私の中ではギターとカメラが結び付くのです! ギターの演奏中に思...