2020年6月22日月曜日

Canon EOS Kiss X10 キットレンズでさそり座撮影

こんにちは、そらやともきです。



梅雨の晴れ間の夜に、さそり座を撮ってみました。少し、雲がかかっています。完全な晴れ間を待ったのですが、さすが梅雨時期とあって簡単には晴れてくれません。



もちろん、キットレンズです。明るいF値2.8程度のレンズが欲しい所ですが、あいにくキットレンズですのでF4.0までしかないので試行錯誤してみました。



1枚目、F値:4.0  ISO:1600  露出時間:25秒
トリミング有り



F値が星空を撮るには暗めなので、ISO感度を上げて撮ってみました。露出時間が長いので少し星が流れているように撮れてしまいました。このレンズでは、これ以上ISO感度を上げるとノイズが目立ち、写りも昼間みたいに明るくなり過ぎるのでこれ以上ISOは上げません。



さそり座の尻尾付近には、メシエ天体で散開星団の確認も出来ます。白っぽい霧のような物が写っていますが雲です。




2枚目、F値:4.0  ISO:400  露出時間:30秒
トリミング有り



1枚目で空自体が白っぽいのでISO感度を400まで落として露出時間を5秒伸ばして撮影をしてみました。空自体は、夜の雰囲気に近付いたのですが、星の認識度が下がってしまいました。




どっちが良いとはいえないのですが( ̄▽ ̄)出来る範囲で頑張って撮影をしてみました。次は、もっと晴れ渡った夜空を狙いたいです。



天の川が目視が出来る日にも、天の川の撮影をキットレンズで挑戦してみようと思います。



いつか、F値の明るいレンズが買えるようになる日が来るまで、キットレンズで修行をします。
(^o^)






いつも、バナーをクリックして応援をして下さる皆様、心より有り難うございます。
(*^▽^*)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

空やすみ - にほんブログ村




私にとってのギターとカメラのお話し 

そらやともきです。 最近、ギターを演奏中に感じる事、カメラを撮影する時に感じる事を私の視点ですがお話しをしたいと思います。 何故、ギターとカメラが結び付く?って思われる方が大半だと思いますが、これが不思議に最近ですが、私の中ではギターとカメラが結び付くのです! ギターの演奏中に思...