2018年9月29日土曜日

直に農産物を売買が出来る消費者・小規模農家にお勧めサイト

どうも、そらやともきです。

近年では、自分で生産をしたら自分で直接消費者に売るというアプリサイトがあるようです。

私の目に留まったサイトに次のようなものがありました。

以下にリンクを貼りました。
ポケットマルシェ(ポケマル)

ラクマ 楽天のフリマアプリ

メルカリ

ポケマル
ポケマルに関しては、出店者は農家漁師のみという事です。なので、野菜・果実・鮮魚が豊富です。最初から的が絞られているので欲しい商品がスムーズに検索が出来ます。スマホアプリのダウンロードは1万件(2018年9月現在)を超えていますね。
ポケットマルシェ(ポケマル)

ラクマ
ラクマは、ポケマルが農家漁師に限定をしているのに対し、幅広い商品をフリーマーケットで販売をしています。衣類から雑貨まで何でも揃っています。野菜・果実も充実しています。こちらは、幅広いだけありスマホアプリのダウンロードは1,000万件(2018年9月現在)を超えています。
ラクマ 楽天のフリマアプリ

メルカリ
こちらは、ご存知の方も多いでしょう日本最大のフリマ メルカリです。ラクマ同様に幅広い商品が並んでいます。もちろん、野菜果実も充実しています。メルカリのフォロワー数のトップはなんと実は農家さんと言う記事も目にした。こちらも、アプリダウンロードは1,000万件(2018年9月現在)を超えています。
メルカリ

農業とフリマアプリ
農業が、近年フリマアプリに活路を見出してきている様子が以下の記事で良く分かります。<参考サイト:ビヨンド>農業はフリマアプリに活路、楽天「ラクマ」の農産物取引額は1年で6倍に

販売ルートはネットという選択肢もある
私は、農家が農産物を売るには大量に生産をして農協に卸しそこからスーパー等に陳列をされ消費者が購入するというシステムしかイメージを持っていませんでした。

上記のサイトのように、生産者と消費者を直接結びつける手立てが、事前登録をするだけでネットでこんなにも簡単に売買が出来る方法があります。

農家は消費者へアピールする事が大事
こういったサイトを覗くと沢山の農家の方々達が色々な方法で懸命にアピールをされていて勉強になります。小規模農家が販路を築くには、参考になる事間違いないような気がします。

消費者のメリット
消費者が、生産者に直接触れてより良い安全で安心な作物を選択をして、直接買い求める事が出来るという所に大きなメリットがあると思います。直接、農家から購入が出来る分、全てではないですが金額が割安になるというメリットもあります。


私にとってのギターとカメラのお話し 

そらやともきです。 最近、ギターを演奏中に感じる事、カメラを撮影する時に感じる事を私の視点ですがお話しをしたいと思います。 何故、ギターとカメラが結び付く?って思われる方が大半だと思いますが、これが不思議に最近ですが、私の中ではギターとカメラが結び付くのです! ギターの演奏中に思...